もっと推しのこと。

俳優オタクになりました。推しについて書きます。

わたしの推し(2021ver.)について~山本一慶さんと輝馬さん~

わたしの推し

 

お題になっていましたので、紹介を兼ねて推しについて書きたいと思います。

 

推し:山本一慶さん

2021年突然出会った推し。血界戦線の舞台を今年見に行き、面白かったから

前作のDVDを買い、見ていたところ、フェムトがぁ・・・。

フェムト、普通に原作でも好きだったんですけど、しゃべり方から立ち姿、

仕草までもがフェムトであまりにも好きだった。

普段の地声とはあまりにもかけ離れていて、その役作りにびっくり。

ちなみに堕ちるポイントになったのは敵兵に囲まれて銃を乱射されたときの

身体の使い方です(ピンポイント)。

好きだなあと思って、後述の推しが出ている舞台の円盤(モリミュ)にも

でていて、そういえば出てたなあと思っていたらファンクラブに入っていました(?)

自分でも本当によくわからないのですが、ファンクラブの申し込みが今時珍しい

郵便局での振り込み式で、そういえば今日郵便局行く用事があったしついでに

申し込もうと思っていたら気づいたら入会していました。

 

・推しのすきなところ

まず演技がとても好きです。声も似せてくるし、ビジュアルも完璧。

歌も上手いし、仕草がとてもそのキャラになっている。

特に円盤でしか見られていないですが、マズレの推しがもう死にそうな息で

しゃべっているところがあまりにもすごくて衝撃を受けました。

 

推し:輝馬さん

もともとこちらの界隈をのぞくきっかけになったのが、文ステでした。

文ステ黒の時代を去年の年末に見ていて2.5次元も良いなあと思っていて、

もともと原作でくにきださんが好きだったのでくにきださんが出演している、

三社鼎立を見てから輝馬さんを初めて認識して、かっこよくて足が長くて

くにきださんを三次元に生み出してくれる人がいるんだ、と思いました。

そこから配信で舞台を観たり、円盤を買ったりしていきました。

推しのファンクラブ的なやつにも入っています。

そして先日、念願の初輝馬さんを見て、さらに好きになりました。

ナルステ、推しが割とメインな回だったし、アクションもめちゃくちゃ

かっこよくて惚れ直しました。

 

・推しの好きなところ

まず声が好き。声がとても良いうえに独特な抑揚と間の取り方をする。

今年出た公演で特に、モリミュのパターソン、ナルステのペインは原作ファンや

他オタクもブロマイドを買って売り切れになるほどで、本当に歌が上手い。

声量もあるし、長身を活かしたアクション、パンフレットのコメントも誠意しかないし、信頼できる。

共演者には優しい、いろいろと教えてくれるというお話もあります。

 

と、ここまで推し語りしましたが、来年のスケジュールもだんだんと埋まってきたので

来年も推しとともに駆け抜けたいと思います!

2021年現場まとめと振り返り

みなさま、こんにちは。年末、いかがお過ごしでしょうか。

私は少し早めに冬休みに入りましたので、基本的には家でゆっくりとしています。

さて、そんなわけで今年の現場まとめです。

 

9月まで

コロナだったので、配信で見ている現場が多かったです。

職場からもさすがに行くなとは言われてないですが、ワクチン打つまでは

行けないかな、とも自分で判断していたし。

秋口から行けるかな、と淡い期待も抱きつつ。

 

10月

・文ステ

念願の現場!!!!文ステでした!!!!

今回の公演は推しが出てはいなかったのですが、文ステ自体好きなのとで

行ってきました。

cool japan parkも初めて行ったので、とてもよかったです。

この公演で根本さんに出会えたのも大きかった。

 

11月

血界戦線

この作品は原作が好きで、特にその中でも好きなエピソードが舞台になるということ

だったので見に行きました。

そこそこ前方席で見れたのも大きかったです。

 

・ROOKIES

10月に文ステでであった根本さんが主演をされるということなので、行きました。

ご時世と場所とで客席がガラガラでどうしようかと思いましたが、(ガラガラな客席にあたったことがなかったので)、話は面白かったです。

ガラガラな分、両隣いなくて見やすかったですが。

 

12月

・アルトゥル・ウイの興隆

母の付き添いで観劇へ。久しぶりに2.5ではない作品だったこともあり、楽しめました。

ただテーマと話とが割と難解なので、複数回見る方が解像度は上がるかも。

 

・ナルステ

2021年現場納めとなった作品。

結構行くかどうか悩んでいたのですが、(ウイと日にちが近かったのと、親に反対されそうだったので)黙って行くという手法をとることに成功。

この界隈に来るきっかけになった、輝馬さんを生で見られたのが本当に

大きかったし、推しはとてもかっこよかった。

アクションも、見せ方も、歌も、演技も、ダンスも。

ライブスペクタクルと銘打っているだけあってエンタテイメントショーでした。

現場納めがこの作品で本当によかったなと。

 

秋口からしか現場がなかったですが、地方民からすると結構現場に

行けたのではないかと思っています。

どの作品も面白く、虚無なものはなかったし、どれも大好きな作品

になりました。

来年は推しのサイン会で現場初めになる予定です。

来年はもっと健康に、推しの舞台を観に行きたい!!

そう思います。

 

それでは、良いお年を。